日本の原生林保護運動のページ。 ブナ原生林から自然・社会・文化・環境を発信。

ボロ市ブナの店/今年度開催案内

ボロ市ブナの店・今年度の開催案内です

◆日時  2016年12月15日~16日、2017年1月15日~16日
       9時~20時頃まで

◆場所  東京世田谷のボロ市通り(世田谷線上町駅又は世田谷駅下車すぐ)

  • 地下鉄駅の三軒茶屋で世田谷線に乗り換え、上町駅又は世田谷駅下車すぐ。
  • ブナの店は代官屋敷やボロ市本部近くの便利な場所にあります。

◆問い合わせ
   -東京世田谷連絡事務所  03-3420-8629 野田
   -八幡平ブナ原生林守る会 019-651-1760 白藤(岩手県盛岡市)
 

2016年度 特別キャンペーン

今年秋(2016年秋)はブナの稚樹がたくさん芽を出しました。
その代わり、種は不作です。

なお、ブナの種は、ほとんど豊作の翌年は不作になります。
昨年(2015年秋)秋が豊作でしたので、今年の種は不作です。

今年はブナの木の稚樹(ブナノキの子供)をたくさん店に陳列配布できそうです。お楽しみに

◆ボロ市解説
楽市楽座とは自由市場を目ざした戦国大名の経済政策です。

世田谷のボロ市は戦国大名の小田原城主北条氏政が天正6年(1578年)にこの地に楽市を開いたのが始まりで、400年以上の伝統を持つ日本最大級の市です。

750店舗の露天商が並び、連日20万人が訪れます。

市とは、商売をするところ、すなわち市場という意味です。
楽市とは「楽しく自由に商売をしてもいいですよ」という意味です。
座とは、座席の座ですが、ここでは「商工業者の組合」のことです。
当時は特権的地位を与えられていました。

楽市楽座とは、「これからは特権や規制を廃止しますから、自由に楽しく商売をしてもいいですよ」という意味の、当時の新しい経済政策のことです。

織田信長や豊臣秀吉や北条氏などをはじめとする戦国大名は、武士の世を作るために、平安時代から続いていた特権的な仕組みを撤廃して、今流に言えば規制緩和をして自由市場を作って、経済的発展を目指しました。

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional