日本の原生林保護運動のページ。 ブナ原生林から自然・社会・文化・環境を発信。

八幡平の葛根田ブナ原生林を守る会の活動紹介

FrontPage

八幡平の葛根田ブナ原生林を守る会の活動紹介

雫石川上流葛根田川源流部における広大なブナ原生林の保護運動を主な目的として1987年に発足しました。

これまで、原生林伐採・リゾート建設・山岳観光道路建設という三つの大きなブナ林保護運動(開発反対運動)を展開し、いずれも凍結・撤回・断念中止という成果を獲得しています。

これらの守る会の活動によって、岩手山西方の原生林地帯において、千五百メートル前後の山が17、大きな川や沢が14、面積にして一万ヘクタール以上のブナ林が伐採や開発から免れました。

さらに1990年には三日間のべ1600名の参加を得て「原生林盛岡全国シンポジウム」(報告集・盛岡市立図書館)を開催しました。

日常の活動は、①葛根田原生林からの通信の発行。年2~3回。発行部数500部。②自然観察会や市民登山の開催。③市民の自然写真展の開催。④東京ボロ市でのブナの森の店開設と手作り作品教室。⑤苗畑とブナの苗木の育成。⑥シンポジウムやNPOゼミナールの開催。⑦ホームページの作成やパソコン教室の開催。⑧全国の保護団体との交流。⑨なお会員・通信購読者合わせて約400人。素朴な会です。10人前後の運営委員会で運営しています。いつも変化しようとしている。⑩なお「はるかなるブナの森」出版(購入先・盛岡てづくり村)


powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional