日本の原生林保護運動のページ。 ブナ原生林から自然・社会・文化・環境を発信。

市民の自然写真展2016

MenuBar

市民の自然写真展作品募集

第11回「市民の自然写真展」開催の案内  2016.4.10作成

主催      市民の自然写真展企画委員会
        (八幡平の葛根田ブナ原生林を守る会内)

後援     盛岡市
        岩手日報社、朝日新聞盛岡総局
        毎日新聞盛岡支局、河北新報社盛岡総局、盛岡タイムス

        NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手
        めんこいテレビ、岩手朝日テレビ

開催日時    2016年5月20日(金)~5月22日(日)
         盛岡市上田公民館創作展示室(℡ 019-654-2333)

展示時間    10:00~17:00 (延長予定19:00) 但し最終日は16時まで

作品募集    はがき又はメールにて、氏名・住所・電話番号を記載。
        誰でも申込み可。初めての方、青少年歓迎。よい思い出に。

作品提出日   5月19日(木)14時~16時上田公民館にて受け付。
        額入りの作品をお持ちください。 
        無料・審査なし。一人2作品まで可。撮影年月日入り可。
        写真サイズは問いません。
        なお迷う方は4つ切り、4つ切りワイド、A4サイズなどがおすすめ。
        なお遠方などで当日来られない方や額を用意できない方は、問合せの上
        四つ切サイズの写真のみ下記まで送ってください。
        
返却日     5月22日16時~16時30分、会場にて。17時に会場閉館。

作品のテーマ  自然をテーマにしたものであれば、
          具体的なテーマやジャンルは問いません。
         
応募資格    年齢、居住地など特別な資格はありません。
        県内外から募集。写真技術にこだわらない展示したい
        写真をお持ちください。

関連企画(特別コーナー)
        丹沢のブナ林(神奈川丹沢ブナ党)
        福島県の四季(高山の原生林を守る会)
        大雪山の自然(大雪と石狩の自然を守る会)
        八幡平大松倉沢のブナ林と地熱発電計画(葛根田ブナ原生林を守る会)

問合せ先    市民の自然写真展企画委員会事務局 
         盛岡市梨木町4-30 白藤力 Tel 019-651-1760
         hachimantai@bunarin.com
         http://kakkondagawa.bunarin.com/

趣旨
 ① 市民の自然写真展は、岩手をはぐくむふるさとの山河から、ブナの森や自然の美しさ・大切さを、広く県内外に伝えるために行われるものです。
 ② 作品展示の機会の少ない多くの市民に作品を展示する機会を提供するためです。

性格
 一般市民の展示広場という性格のユニークな写真展です。作品は広く県内外から募集。だれでも出品できる、親しみのある、市民参加型の写真展です。
写真技術にとらわれない様々なテーマの写真が寄せられます。連日多数の人々が閲覧に訪れ、市民の文化交流の大切な機会となっています。

経過
 市民の写真展は、1992年9月1日~18日に盛岡市の後援を得て、市内8会場で18日間開催され、知床や東北各県、そして一般市民が出展した360点を展示し、関連企画として自然写真シンポジウム(湧清水のブナ林とスキーリゾート計画)を開催しました。
その後2回の中断がありますが、これまで10回開催し、毎回大きな反響を得てきました。
近年様々な開発が押し寄せ、一方自然を大切にするというニュースが少なくなっていると考え、8年ぶりに開催することにしました。

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional